2019.03.20

整形外科では腰痛が治らず 困っているあなたへ !

整形外科に通ったが腰痛が治らず途方に暮れているあなたへ!


あなたはおそらく整形外科に何度通っても腰痛が改善しないからこのブログを読んでると思います。


そして、整形外科で腰痛が治らなかったらどうしたらいいのかと困っていると思います。


私も、かつて腰痛で苦しみ整形外科を頼っていったら治らないと
直接医者から言われた経験があるのでその気持ちよくわかります。


医者で治らないならどうしたらいいのか?

そう思ってとても怖くなりました。


もうこの腰痛は治らないんじゃないか?

そういう不安が襲ってきました。


でも今ならそんな気持ちにはなりません。

なぜなら整形外科で腰痛が治らない理由がよくわかったからです。


その理由を今日はお伝えします。


これを聞いて、整形外科で治らない腰痛で困っているあなたの助けになればと思っています。


では整形外科で腰痛が治らない理由とはなんなのか?

実はその答えはとても簡単で、単純に


「骨には原因がない」


ただそれだけなんです。


腰痛で整形外科へ行くとレントゲンを撮ると思います。

そして、医者はレントゲンに写った


「骨」


を見て診断します。


そして、


「骨には異常がありません。痛み止めと湿布で様子を見ましょう」


というのです。


ほとんどの患者さんと同じように医者がそういうなら大丈夫だろうと漠然と思っていたはずです。


しかし様子を見ていてもよくならない。


だから今困っていると思うのですが、ここにあなたの腰痛が整形外科で治らないポイントがあったのです。

それは、


整形外科医は


骨しかみていない

ということです。


つまり、もしあなたの腰痛がレントゲンに写った骨以外にあったら

整形外科医にはその原因が判断できないということなんです。


骨に異常がなければ様子を見てくださいとしか言えないということです。


これでもうお分かりかと思いますが、あなたの腰痛は骨に原因がないだけで他にあるわけです。


でもその骨以外の原因は整形外科医ではわからないという現実があるんですね。


それを知らずにいつまでも痛み止めで痛みをごまかしていると


いつの間にかどうにもならない慢性的な腰痛となってしまうんです。


そのまま痛み止めでごまかしますか?


当院は本気で治したい方を全力でサポートします。

あなたのお悩みや気になった事がありましたら
お問い合わせいただきたいと思います。


LINE@でもお問い合わせできますので登録してみてください!

友だち追加
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。