2019.03.22

整形外科に通っても治らない腰痛・坐骨神経痛にお悩みのあなたへ

『手術をして治りますか?』

手術を自ら望む人なんていませんよね。

ほとんどの方は手術をしないで腰痛を治したいはずです。

しかし、腰痛で整形外科に通っていても一向に腰痛が改善しない時に

医者の口から出る言葉は


「そろそろ手術を考えましょう」

という言葉です。


痛み止めも効かない

ブロック注射もダメ

座薬を使えば多少いいけど、

胃が荒れてくる、、、


このままではよくないからということで手術を提案されます。


でもここで、腰痛のあなたはこんな質問をするはずです。


「手術をしたら腰痛が治りますか?」

当然、医者にこうやって確認しますよね。


その時、医者の返事は

「やってみないと、、、」


「これ以上悪くしないための予防的な手術です」


「痛みは取れやすいけど、痺れは難しいです」


こういったはっきりしない言葉が返ってくるのです。

手術を提案されている側としては
治るから手術を提案されていると思っているのに、

医者からの返事は治るとは一切言わないのです。

実はこれには訳がありました。

それは、


「85%の腰痛は原因不明」

という事実があるのです。

これは整形外科医も監修している「腰痛診療ガイドライン」

という本に書かれています。


つまり、

痛み止めもダメ、
ブロック注射もダメ

といったように、

手術以外の方法を試したけどもう打つ手がないから
最終的に手術を提案されるのです。


確実に手術が必要で手術をしなければいけないなら
そうやって説明されるはず。


でも現実には

「あと、残された方法は手術です。」

「どうされますか?」

と選択を迫れるということです。

でも安心してください。

ここで重要なポイントは、
整形外科でわかることには限りがあるということです。


なぜなら、

整形外科でわかることは腰痛が
腰の骨や神経からきているのかどうかということだけなんです。

逆に言うと、

腰の骨や神経が腰痛の原因でなければ整形外科では

腰痛の原因を見つけられないということです。

つまり、


腰の骨や神経が腰痛の原因でなければ

整形外科では治せないということ。


そんな時は私たちの出番です!!

整形外科では腰が痛いと言っているのに
腰の骨や神経を見ています。


つまり痛いところは見ていないのです。


それでは腰痛の原因もわからないことが多くて当然です。


ですので、当院では骨や神経ではなくあなたの

「腰痛」をしっかりと診ていきます。


骨や神経以外に腰痛の原因となるものが実は存在しているのです。


腰痛の本当の原因を見つけ出し手術をせずに

腰痛を治す方法を実際に試してみませんか?


当院は本気で治したい方を全力でサポートします。

あなたのお悩みや気になった事がありましたら
お問い合わせいただきたいと思います。


LINE@でもお問い合わせできますので登録してみてください!

友だち追加
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。