2019.06.02

腰が痛くなる原因は実は・・・

こんにちは。豊川です。

 

腰が痛くなる原因は実は・・・たくさんあります。

 

 

 

 

 

当院が今まで施術してきた中でも特に多かった原因の筋肉を紹介したいと思います。

 

ランキング形式でやってみましょうか!

 

では、

 

第5位

 

広背筋(こうはいきん)

 

この広背筋は背中で逆三角形の形をしている筋肉です。

背骨から上腕骨に付いている筋肉なので、腕の動きにも影響を与えています。

これが硬いと体全体の動きが悪くなり、腰が痛くなる原因になります。

 

第4位

 

大殿筋(だいでんきん)

 

字の通り大きいお尻の筋肉です。この筋肉は股関節の動きに関わっています。

この筋肉が硬くなることで、股関節の動きが悪くなり、腰が痛くなる原因になります。

 

第3位

 

腰方形筋(ようほうけいきん)

 

この筋肉は体を横に倒したり腰の安定させる筋肉です。

腰に直接関係する筋肉ですので、腰の痛みの直接的な原因となります。

 

第2位

 

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

 

難しい字の筋肉ですね。この筋肉は股関節の動きに関係します。

これが硬くなることで、股関節の動きが悪くなり、腰が痛くなる原因になります。

 

第1位

 

大腰筋(だいようきん)

 

いかにも腰って感じの名前ですよね。

この筋肉はインナーマッスルという体の奥にある筋肉でどちらかというとお腹の筋肉なんですよ。

 

この筋肉が硬くなることで、姿勢的に反り腰になるんです。

反り腰は姿勢を悪くし、腰の痛みの原因になります。

 

 

いかがでしたか?

 

筋肉の名前言われてもわからないかもしれませんが、これでもごく一部の筋肉です。

 

 

1位から5位まで発表しましたが、原因の中の多い5つということです。

 

 

腰が痛いから腰をマッサージしても良くならないというのが、よくわかると思います。

 

 

腰が痛くなる原因はその人の生活習慣や普段している姿勢やクセなどによって違うので、適当にマッサージしても良くならないです。

 

腰自体に原因がないこともあるからです。

もちろん腰痛なので腰に原因があることが多いとは思います。

でも腰しか見ない人は他の可能性を理解していないので、本当に腰痛を良くしたいならちゃんとしているところで施術を受けるべきですね。

 

 

自分はなぜ腰が痛くなっているのか?

 

その為にどうすれば良いのか?

 

そういうことを教えてくれたり説明してくれる整骨院、整体院に行くことをおススメします。

 

きちんとカウンセリングしてくれるところを選びましょう。

 

色々とホームページを見て比較して選んでくださいね。

 

当院を選んでいただけると嬉しいですが、遠方の方はお近くの先生をご紹介しますので相談してください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

質問やお問い合わせはLINEからお願いします。